シアリスの服用方法学習塾

食前にシアリス服用は大丈夫?

勃起不全の治療薬の服用について、食事との関係がよく話題にあがります。カロリーの高い食事と一緒に服用すると、効果が薄れてしまう問題が発生するため、服用タイミングに気をつけるよう、医師から指導されることがよくあります。
しかし、シアリスという勃起不全治療薬は、他の治療薬に比べて、食事の影響が少ないと評判です。まったく影響を受けないわけではありませんが、800kclを超えるような食事でなければ、神経質になることはないとされています。食事の影響が少ないシアリスの服用タイミングについて、食前でも構わないのか疑問になるところでしょうが、むしろ食前の空腹時に利用するのが推奨されています。シアリスも他の治療薬と同様に、できるだけ空腹時に使うようにすると、その効果を最大限に発揮してくれます。
シアリスを食後に服用するのであれば、カロリーが高くなりがちな、脂っこい食事を避けるようにします。焼肉やステーキ、豪勢な洋食や中華料理などは避けましょう。蕎麦やお寿司といった、脂っこくない食事なら安心です。あっさり系の食事の場合にも食べ過ぎは控えます。食後2時間程度空けてから服用してください。
食前がベストタイミングではありますが、服用の仕方を間違えると、副作用が強く出る恐れがあります。必ず1日1回の利用にとどめて、次の服用までに24時間以上の間隔を空けてください。シアリスは、多く服用すればよいという薬ではありません。
また、狭心症などの心臓疾患を持つ人、脳梗塞などの循環器系の病気を半年以内に発症した経験を持つ人は、シアリスを使うことができません。安易に服用せずに、必ず医師の指導に従うようにしてください。ルールを守れば、安全に使える薬です。

シアリスの効果と効果時間について

シアリスはED治療薬として日本国内で正式に認可されている薬品です。ED治療薬としてはバイアグラが有名ですが、有効成分こそ異なるものの、男性の勃起を促進する機能が評価されている薬であり、男性機能の亢進を目的として利用されています。日本国内では医師の処方が無ければ買うことが出来ない処方薬に分類されており、医師の診察を受けて服用が適当であると認められて初めて購入できる薬となります。
そんなシアリスですが、シアリスの成分タダラフィルについていえば、バイアグラとは大きな違いを持っている薬であるという点で知られています。まず第一に効果時間が違います。シアリスは別名をウィークエンドピルと言い、一度飲めば週末はずっと有効であると言われるほど効果時間が長いのが特徴です。バイアグラやレビトラと呼ばれる薬は効果が強く出るものの、持続時間という点においてはシアリスには及ばないと言えます。
もう一つの特徴としては食事の影響を受けにくいという点です。これはシアリスの効果の特徴です。バイアグラもレビトラも有効成分を吸収するに当たり、食事を取るタイミングを間違えると効果が非常に弱くなったりでなかったりするという問題があります。そのためED治療薬の仕様を相手にオープンにしていない場合には非常に使いにくい薬であるという問題があるのです。
一方シアリスは長時間にわたって効果が持続されるのに加えて食事の影響を受けにくいのが特徴であり、パートナーとのタイミングを工夫する必要があまりないという点で非常に使いやすい薬であると言えるでしょう。いずれも異なる有効成分のED治療薬であり、効果の程度には個人差がある事が知られています。そのため効果の出やすい薬を選ぶというのも一つの方法であると言えるでしょう。

シアリスは有能だが副作用にも注意を

シアリスは他の勃起不全を解消する薬とは異なり、食事から摂取した栄養素の影響を受けにくいという特徴が挙げられます。そのため、長い空腹時間をとる必要も無く、理想的なタイミングで摂取しやすい医薬品です。然し、シアリスにも弱点はあり、優れた効能とは裏腹に幾つかの副作用が見られます。そのため、副作用の兆候を把握しておき、何らかの異常を察知した際には、素早く服用を中止し、医師の診断を受けることが必要です。
シアリスは薬の効果があらわれるまでの時間が短くなっている事も特徴で、他の医薬品と比較し過剰摂取の可能性が低くなる事もポイントです。しかし、過剰に摂取した場合は副作用も出やすくなる為、予め規定されている容量を把握しておき、その分量を服用することが必要とされます。
また、シアリスでの注意が必要になる点としては、それぞれの体質によって薬の利き方に偏りがある点で、効き始めの時間や持続時間が変わります。そのため、シアリスの初回の服用では少量を試してみる事も大切で、薬の効き方を検証する事が副作用を回避する効果的な手段です。
シアリスの主な副作用としては発疹があり、蕁麻疹や顔へ浮腫を発症するケースが見られます。そのため、これらの兆候が見られた場合には、服用を中止することが求められます。
また、その他の副作用として代表的な症状は循環器系の症状があり、動悸や顔面へのほてりをもたらすこともある為、注意が必要です。シアリスの過剰摂取は、陰部だけではなく、全身の血管拡張の作用をもたらすことから、想定外の心拍数の上昇を招く事もあり、胸の痛みなどを感じる事があります。また、高血圧や低血圧などの血圧異常も見られるので、慎重に摂取することが必要です。

■シアリスのジェネリック医薬品
フォーゼスト
■全国のおすすめED治療院について
ED治療病院ナビ
■不動の人気を誇っている
カマグラゴールド